2005年09月03日

無題

無関心に触れる度に枯れていく

見失った出口を探しても空回り

乾ききった湖に言の葉が霧雨のように染みて

今は目の前の打ち寄せる波が温かい

100万回の どうして が口から出る前に

 

壊れる前に

きょうは

 

JustMyFriendへ
朝までありがとう。だいぶ気が紛れました。
いつもごめんね。わがまま言って
・・・好きよ



ffblog at 06:14│Comments(0)TrackBack(0)││無題 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔