無題

2005年09月07日

無題

「たとえば君がいるだけで 心が強くなれること」

そんな歌詞が ふっと浮かぶ

心の支えでよければと

笑うあなたに 重なる歌

 

のどが渇くように 言葉が欲しい

特別じゃない 普通の会話

何気ない一言 どれだけ潤うだろう

挨拶さえ 力になる

 

どうしてこんなにぐらぐらしちゃうんだろう

理由はわかっているけど 1日中考えても解決しない

 



ffblog at 10:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月06日

無題

夢の迷い道で ずっと考えていた

言葉交わすのも 声を聴くことも

叶わなくても 仕方なくても 忘れられなくて

君がいなくても また朝が来て

前を向いて 歩き続ける

届かなくても 想いを封印できなくて

わかってる 今を変えられないのは

わかってるけど 少しだけ

想うだけ 許されるなら

 



ffblog at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月03日

無題

無関心に触れる度に枯れていく

見失った出口を探しても空回り

乾ききった湖に言の葉が霧雨のように染みて

今は目の前の打ち寄せる波が温かい

100万回の どうして が口から出る前に

 

壊れる前に

きょうは

 

JustMyFriendへ
朝までありがとう。だいぶ気が紛れました。
いつもごめんね。わがまま言って
・・・好きよ



ffblog at 06:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)